本文へスキップ

家庭教師って具体的にどんな仕事?

家庭教師のアルバイト

家庭教師の仕事

家庭教師のアルバイト 写真

家庭教師の仕事内容は具体的にはどのようなものなのでしょう。 生徒に勉強を教える仕事というのは当然わかっているでしょうが、それ以外の 部分は実際に経験したことのある人しかわかりません。 勉強を教える家庭教師ですが、塾や学校と違うのは授業を行う場所が生徒の家 だということでしょう。 生徒の自宅まで教師が赴き、生徒の自室でふたりっきりでマンツーマンの授業 を行うのが一般的な家庭教師像です。 そのため教師には学力だけでなく対人スキルも求められます。 多人数相手の授業なら相手の反応はそれほどなくとも進めることが出来ますが、 マンツーマンですと生徒の反応をみながら、理解度を測りながら進めなければ なりません。 また自分の子供を安心して任せられるよう親の信頼も得なければなりませんが、 これは生徒の親との接し方が重要になります。 学力があり、なおかつ人柄も良い人材でなければ安心して年頃の子供を任せて もらえません。 生徒になるのは中学受験を目指す小学生、高校受験を目指す中学生で、 親でさえこの年齢の子供には手を焼きます。 その子供相手にマンツーマンで勉強を教えるのですから、 単純に学力のある人間が勉強を教えるだけの仕事ではないのです。 勉強が好きな子供はいませんが、それでも信頼を得てやる気にさせて一緒に 授業をしていく、信頼関係を築けなければ勤まらない仕事です。



高学歴

家庭教師をするのなら高学歴のほうが有利であることは間違いありません。 教師となるあなたの学力を知ってもらうには、学歴というのが一番の目安 になるからです。 有名大学の在校生ならきっと優秀だろう、頭も良いだろうし安心して任せられる、 と親御さんも納得です。 自分の子供に勉強を教える人なのですから、子供よりも頭が良いのは最低条件 としても人並み以上に優秀でなければちゃんと教えてもらえるのか心配に なってしまいます。 仮に東大を目指す学生の家庭教師を探しているとして、東大を目指していたけど 無理だった、浪人したけど結局ランクを下げて別の大学に行った、という経歴の 家庭教師を雇うでしょうか。 まず雇われません。 生徒よりも優秀でなければ立派に家庭教師を務めてもらえるか、お金を払って 雇う親としてはとても気になる部分なのです。 その心配を払拭してくれるのが学歴です。 いくら親との面談で好青年を演じても、教師として肝心な学力がなければ 信用はしてもらえず雇ってもらえません。 逆に人柄はいまいちとしても現役東大生です、という肩書きがあれば、 あっさりと家庭教師として迎え入れられます。 これは家庭教師を始めようと思い立った時にはすでにどうこうできる問題 ではありませんが、バイト探し・生徒探しにかなり影響を与えることですので、 適性としては重要になります。


教える能力

家庭教師で人に教えることは自分には向いていない、勉強は得意じゃないし 学生時代も成績は良くなかったから人に教えるのなんてとてもじゃないけど無理、 と思い込んで最初からこのバイトを諦めている方も多いのではないでしょうか。 家庭教師は頭が良くて学歴が高い人のやるアルバイトという印象が強いのは、 確かに間違っているとはいえません。 ですが実際には勉強ができるから家庭教師としての適性がある、上手に人に 教えることができるというわけではありません。 学力さえあれば家庭教師になれるというほど単純な話ではないのです。 もちろん成績優秀で頭が良いほうが家庭教師向きですが、そういった人なら 誰でも優秀な家庭教師になれるのかというとちょっと違います。 成績は悪くて授業についていくのに必死だったけどそれを克服するため、 成績を上げるために努力した人や悩んできた人の方が、受験生に勉強を教える 家庭教師としての適性が高いという傾向もあります。 過去に自分が経験してきたからこそ、同じ悩みを抱える生徒にも経験談として 教えてあげることができるのです。 逆に成績が良くて学歴も高い人はそういった生徒の悩みが理解できず、 成績が伸び悩んでいる場合の対処法や悩み、苦しみが分からないのです。 要領よく受験をこなして難なく難易度の高い大学に入った優秀すぎる人材よりも、 苦しい経験を乗り越えた人の方が家庭教師としての適性がある、受験生の役に 立てるのではないか、という考え方もあるのです。 家庭教師を必要とする生徒は成績がいまいちで伸び悩んでいる子です。 そういった生徒の立場に立って相談に乗ることも考えると、たとえ学歴では 劣るとしても生徒の事を理解して授業をする能力次第では、充分に家庭教師の アルバイトに就けるのではないでしょうか。



バナースペース